コンビニのコーヒー

珈琲豆で文字

最近コンビニエンスストアのコーヒーがトレンドともてはやされ、流行しています。 各社、粉のひき方や抽出方法にこだわり一杯ずつの抽出しながらも100円程度で販売されています。 この手軽さが受け、サラリーマンや女性会社員の昼食の御供としてついで買いなどコンビニエンスストア自体の売り上げも増加しています。 また、既存のフルサービスのカフェや喫茶店もノマドワーカー等の出現で売上高を伸ばしています。 コーヒーの自体の需要は、世界的に見ても中国やインドといった国々でも高まり消費が伸びています。 今や日本人の生活に浸透し、会社においても来客への緑茶での茶菓提供と同じくらいオフィスコーヒーの提供をする企業が増えてきました。

オフィスコーヒーの最近の事情を見てみます。 通信販売等の普及によって、コーヒーの粉やフィルター等の消耗品の入手が容易になりオフィスコーヒーのサービスが提供し易くなりました。 また、機材等のメンテナンスも安価に容易にできることにより業務への負荷が低くなり効率も上がります。 オフィスコーヒーで社内のコミュニケーションの向上を図っている企業もあるようです。 専門店のような一杯ずつの抽出や、フレーバーが異なるコーヒーを提供することで顧客への茶菓サービスや社員向けのリラックスタイムにとオフィスコーヒーは様々なニーズに応えるようになりました。 オフィスコーヒーを提供する様々な会社の特徴を理解し、企業での導入すると働く人にも、来客にも その恩恵を提供することが出来るようになりました。